Subscribe!

「iPhone X」の「X」が意味するもの

気になるのは製品名「X」の読みです。「エックス」なのか「テン」なのか。Appleのスペシャルイベントで、ティム・クックCEOは、はっきりと「アイフォン テン」と発音していました。つまり「テン」と読むのが正しいのです。2017年がiPhone誕生から10周年であるため、この「10」になぞらえたのでしょう。一方、AppleはiPhone Xのことをニュースリリースでは「The future is here」、製品ページでは英語で「Say hello to the future」、日本語で「未来をその手に」と紹介しています。共通するキーワードは「future(未来)」。前面がほぼスクリーンといえるデザインは従来のiPhoneとは一線を画するものであり、“未来感”あふれる仕上がりになっています。Face IDを含め、3機種の中で最も新しいユーザー体験を得られるのはiPhone Xです。エックスには「未知の物事」といった意味も含まれるのですが、iPhone Xには、この「エックス」の意味も込められているのではないでしょうか。
参照URL

Filed under 未分類 and tagged with

Leave a Comment?