Subscribe!

Archive for 3月, 2017

“カメラや電源周りが進化-「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」 “ 0CMNTS

3月 30th, 2017

Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」は、充電関係でUSB端子がドコモのビジネス向けのXperiaで初となるUSB Type-Cを採用しています。徐々に普及が進みつつある、端子の表裏どちら向きでも差し込める新規格の端子です。充電はQualcommの急速充電規格の「Quick Charge 3.0」にも対応しています。対応充電器があれば、高出力の電力で素早く充電できます。バッテリー容量はXperia XZが2900mAh、Xperia X Compactが2700mAhのものを搭載しています。さらに、Qnovoと共同開発した「いたわり充電」と呼ぶ、バッテリーの劣化を防いで長寿命化を実現する技術も搭載しています。一般的なスマホは、夜の就寝時に充電すると深夜に充電が完了し、その後は朝までバッテリーの劣化を招く満充電状態が続きます。いたわり充電を有効にすると、朝起きてスマホを操作する時間帯の少し前に満充電になるよう、充電速度やタイミングを調整してくれます。満充電の状態のまま放置される時間を減らすことで、バッテリーの劣化を防ぐことができる仕組みです。スマホを持ち歩いている間のバッテリー消費を抑えるSTAMINAモードも搭載しています。設定によっては、スマホを使わない時間帯や、画面スクロールなどの動作をやや制限して消費電力を抑えることができます。

グーグル、手書き入力アプリ「Google Handwriting Input」 0CMNTS

3月 11th, 2017

「Google Handwriting Input」は、スマートフォンまたはタブレットのタッチスクリーン上で「字を書く」ことを可能にする手書き入力アプリです。文字を自動的に解釈して、標準のデジタルテキストに変換してくれます。この機能はスタイラスを使っても使わなくても動作し(つまり指で書いてもいい)、82の言語を解釈できます。Google ResearchのHandwritingチームが開発したこのアプリは、筆記体もブロック体も識別でき、絵文字にも対応します。開発を担当したHandwritingチームは、ブログ投稿で次のように述べています。「手書きで入力すれば、文字の入力が自然で直感的なものになり、タイピングや音声による入力方法を補完できる」Handwritingチームは、文字を具体的にどう解釈するか、そして解析をデバイス上で行うかクラウドの処理能力を利用するかを正確に見極めるには長い時間が必要だったと説明し、この手書きアプリはそういった「長年にわたる研究の成果」だと述べています。結果的に、Google Handwriting Inputは、手書きの認識処理をデバイス上で行うバージョンと、クラウドベースのバージョンの両方をサポートすることになりました。Googleによると、クラウド機能経由でウェブベースのサーバを通じて手書きを入力することにした場合は、手書きの認識処理をウェブに送信せずにアプリに組み込まれた機能を使って文字を認識するオフラインバージョンよりも、「通常は正確な結果になる」といいます。

スマホ初期化なんて考える前に、、、 0CMNTS

3月 2nd, 2017

スマホやパソコンを使用していると、どうしてもネット環境が悪くなかなか繋がらないなんて事もありますよね。
その繋がらない理由としてはネット環境もあるのですが、スマホやパソコンの容量の問題もあったりするようです。
スマホやパソコンも使っていけば容量が多くなり、スマホやパソコンの初期化を考える人もいます。
しかし、もしも容量がいっぱいなんかでない場合は、ネット環境を考えるといいかもしれません。
やっぱりネット回線が悪い状況であれば、繋がりも悪くなってしまいます。
そうなった時は見直しが大切になってくるのです。
ネット環境をきちんと見直してあげることで、ネットが繋がらないストレスを解消することができるかもしれないのです。
ネット環境を見直すなんて事もなかなかないのですが、もしも繋がりにくくなった場合試してみるといいですよ。
ネット環境を良くしても改善されない場合、初期化というのも手に1つになってきます。
やっぱり状況を変えなくては、すぐには繋がりやすくはなりません。
また、よく分からない場合は1度そういったネット会社に相談をしてみるのもいいかもしれませんね。
日頃のネットストレスが早く解消すればいいものです!ドコモ スマホ おすすめはこちら