Subscribe!

Archive for the ‘未分類’ Category

« Older Entries Newer Entries »

高校生に人気のスマホ「Samsung Galaxy S21 5G」 0CMNTS

8月 27th, 2023

“今の時代、小学生の半数以上は子ども用のスマートフォン「キッズケータイ」などをもっているとされています。昔であれば、親との連絡手段としてキッズケータイをもっている割合が高かったのですが、今では、幼稚園児くらいの子どもでも勉強のためにアプリを活用していたり、SNSを利用するためにキッズケータイを使いこなしていたりします。
このような状況となっているのですが、小学生以上でスマートフォンの所有率が高くなるのは「高校生」とされています。そんな高校生の間で人気のスマートフォンは大まかに決まっており、今では「Samsung Galaxy S21 5G」をもっている高校生が増えてきました。
また、Samsung Galaxy S21 5Gのようなハイエンドモデルのスマートフォンは高い・・・と思ってしまいますが、高校生に売れ筋のスマートフォンは「ミドルレンジモデルのスマートフォン、ハイエンドモデルのスマートフォン」で、意外かもしれませんが格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルばかりが売れているわけではありません。
しかもSamsung Galaxy S21 5Gは、「割引キャンペーンが適用されるケースで購入すると安い」ため、Samsung Galaxy S21 5Gはコストパフォーマンスが高いスマートフォンとしても大人気です。
具体的には、「docomo公式オンラインショップで99,792円が66,528円に、au公式オンラインショップで118,540円が66,700円」となりますので、3万円ほどは安くなると思って問題ないでしょう。ただし、これらの割引キャンペーンが適用されるケースでは「条件をクリアする」必要があるので注意してください。よくあるケースでは「買い換えプログラム」を通じてSamsung Galaxy S21 5Gを購入しないといけません。
最後に、Samsung Galaxy S21 5Gの詳細スペックですが、「RAMが8GB、CPUはSnapdragon 888、ストレージ容量は128GB・256GB、カラーはファントムバイオレット・ファントムグレー・ファントムホワイト・ファントムピンク、ディスプレイサイズは約6.2インチ、本体サイズは約71.2x約151.7x約7.9mm、重さは171g、バッテリー容量は4,000mAh、フロントカメラは1000万画素、リアカメラは超広角:1200万画素 広角:1200万画素 望遠:6400万画素」のスマートフォンです。
最新のスマートフォンであればSamsung Galaxy S21 5Gよりすぐれているモデルはありますが、その代わり割引キャンペーンが適用されるケースでも、10万円は超えると思ったほうがよいでしょう。
学生向けのスマートフォン購入でよくある勘違いなのですが、「ハイエンドモデルのスマートフォンが軒並み安くなったのは数年前」で、今では価格が上がり続けている状況です。というのも、世界的に半導体不足が懸念されているため、今では、売れ筋のスマートフォンほど入荷後すぐに在庫切れになるような状況のため、最新のスマートフォンが安いケースはほとんどありません。
このような背景があるので、今ではSamsung Galaxy S21 5Gを購入する学生が増えている・・・というわけです。ちなみにSamsung Galaxy S21 5Gはゲーミングスマホと呼ばれるモデル並みのスペックがあるので、ゲーミングスマホとしても利用することができます。”

スマホカメラを撮影する時の手ブレを防止するにはどうしたらよい? 0CMNTS

8月 25th, 2023

“スマホのカメラで写真を撮影する時、写真のピントがズレて、全体的にボケてしまうことがあります。手ブレには原因が合って、しっかりと対策をすることで手ブレのない綺麗な写真を撮影することができるのです。ここではスマホカメラを撮影する時の手ブレを防止する方法をまとめてみましょう。
【スマホカメラの手ブレの原因とは?】
スマホの写真の手ブレには原因があり、その原因をしっかりと把握して、対策する必要があります。手ブレの原因は以下の通りです。
<振動>
手ブレの一番の原因と言われているのが振動です。多くの場合、シャッターを押す瞬間にスマホが動いてしまって、手ブレが起こります。つまり手ブレをしないでシャッターを切ることが大切なのです。スマホを動かさずに固定して撮影すれば手ブレが起こることはありません。
スマホが手ブレしやすいのは、スマホの形にも原因があります。スマホは一眼レフカメラやミラーレスカメラと比べると、コンパクトで軽量です。このスマホの良さである「小ささ」が手ブレのしやすさに影響してしまいます。スマホには小型レンズが搭載されており、レンズは小型になればなるほど少しの振動でもブレやすくなってしまうのです。またスマホの外形には、写真を撮りやすくするためのグリップや、滑り止めも付いていません。そのためスマホで撮影をすると、どうしても手ブレが起こりやすくなってしまうのです。
【手ブレ補正を使って撮影をしよう】
最近発売されているスマホであれば、コンパクトデジカメに匹敵する手ブレ補正機能が搭載されています。手ブレ補正機能が付いているスマホであれば、必ず「ON」にして撮影することをおすすめします。iPhoneはiPhone7からすでに手ブレ補正機能が搭載されていますし、AndroidではXperiaやAQUOSシリーズなど主流メーカーの人気シリーズであれば手ブレ補正機能が付いているでしょう。
【ブレない写真を撮るコツ】
手ブレをしなければ写真はブレにくいですが、手ブレをしないようにする対策の他にも、ブレない写真を撮影するコツはたくさんあります。ここではスマホカメラで写真を撮る際に、ブレないようにするポイントをまとめてみましょう。
<ズームしすぎない>
スマホカメラではズームすればするほど手ブレしやすくなります。ズームをすると少しの振動でも大きなズレになってしまうために、ほんの少しの手ブレも現金です。被写体が遠くにある場合、ついついズーム撮影をしがちですが、ブレてしまいやすいので、できるだけズームせずに被写体に近づいて撮影するのがおすすめです。
<フラッシュをオフにする>
フラッシュとは、暗い場所や逆光の撮影でも被写体を明るく写せるように瞬間的に光るライトのことです。このフラッシュはどんなカメラにも搭載されていますし、馴染みのある機能と言えるでしょう。しかし写真を撮影する時、暗い場所や逆光などで撮影をする場合、シャッタースピードが遅くなってしまいます。そのためそのまま撮影をすると、手ブレが起こりやすくなってしまうのです。スマホカメラのフラッシュは光が強く、光の当たる範囲が狭いです。光の当たる範囲が狭いと、不自然に被写体を照らしてしまいますし、スマホが適切に明るさを認識しないためシャッタースピードが落ちてしまいます。
そのため、暗い場所や逆光などで撮影をする場合には、フラッシュはオフの方がおすすめです。
暗いところで撮影をする際には撮影用ライトなどがあるベストです。また明るさを調節する機能を使うことで、フラッシュ無しでも綺麗に撮影することもできますよ。ブレがひどいな…と感じたら、フラッシュをオフにしてみましょう。
<明るさを調節する>
スマホカメラには自動でピントを合わせたり、自動で明るさを調節してくれたりする機能が搭載されています。先ほどお話したとおり、フラッシュをONにすると手ブレが起こりやすいです。また暗い場所や逆光での撮影はシャッタースピードが遅くなり手ブレが起こりやすいため、明るさ調節を上手く利用しましょう。iPhoneではカメラ画面を上下にスワイプすれば、簡単に明るさ調節をすることができます。また被写体をタップすればピント調節も可能です。
<連写する>
手ブレが気になる方は、連写にチャレンジしてみまよう。連写をすれば、その中からベストショットを選ぶことができるので、ブレていない写真を撮影できるでしょう。
<グリッド線を表示させる>
グリッド線とはカメラを使用する際に、スマホ画面を分割して表示するガイド線のこと。写真の構図を決める時に便利で、写真の傾き補正にも役立ちます。グリッド線からズレないように撮影をすることで、スマホの手ブレを防止できます。iPhoneでのグリッド線の表示方法は以下の通りです。
1、[設定App]を開く
2、[カメラ]を選択する
3、[グリッド]を[オン]にする
<セルフタイマーを活用する>
手ブレはシャッターを押す際に起こりやすいので、セルフタイマーを上手く利用することで手ブレを予防できます。シャッターを押す時にスマホを動かしてしまって上手く撮影できない…という方はセルフタイマーを活用してみましょう。”

5Gによってゲーム市場はどのように変化する? 0CMNTS

8月 19th, 2023

“第5世代移動通信システム「5G」は4Gの100倍以上の通信速度があると言われています。 5Gは「高速大容量・超低遅延・多数同時接続」とメリットが多く、遠隔医療、自動運転、IOTなど様々な場面で期待されています。今回はその中でもゲームと5Gについてまとめてみましょう。5Gによってゲーム市場はどのように変化していくのでしょうか?
【5Gの登場によってエンタメ界は変化する】
5Gの普及に伴い、一番大きく変化するのではないかと言われているのが、エンタメ業界です。5Gでは高速大容量・超低遅延・多数同時接続が可能になるので、これまで現実が難しかったことでもできるようになります。ここでは5G市場によってゲーム業界で変化することをまとめてみましょう。
<クラウドゲーム化によってクラウド企業が急成長>
クラウドゲームとは、ゲームストリーミングのことで、サーバー上でゲームを高度処理していき、ストリーミングで映像だけをデバイスに映し出す技術です。SONYやNVIDIAなどがクラウドゲームサービスをすでに提供しており、マイクロソフト社も「Xbox Cloud Gaming(Beta)」のサービスをスタートさせています。
これまでクラウドゲームは、4G環境ではネットワークに介することによって起こる遅延が問題視されていました。4Gでは安定的に遅延なくゲームをプレイするということは技術的に難しい部分があったのです。また環境によっても左右されやすく、クラウドゲームは信頼できない…というイメージを持っている人も少なからずいました。しかし5Gの普及に伴い、遅延がなくなることで、クラウドゲームの普及は一気に加速していくと予測されています。クラウドゲームはもともと5Gの時代を見据えたサービスであり、今後様々な企業が参入してくるでしょう。GoogleやAmazonも参戦を開始しており、これからの動向がますます期待されます。
クラウドゲーム市場に参戦している企業は、クラウドサービスの技術と設備を持っている企業が多いです。ゲーム業界は世界のIT企業や、クラウド企業が、今後覇権を握っていくのではないかと考えられています。
<ゲーム機が不要になる>
5Gによってクラウドゲームが浸透していけば、利用者はわざわざゲーム機本体を購入しなくなるでしょう。ストリーミング配信されたゲーム画面だけを映し出すので、難しい処理は全てサーバー上の超高性能コンピューターに任せることができます。そのためハイスペックを要求するようなゲームでも、利用者はゲーム機本体や高性能なパソコンを購入する必要がありません。安定した5Gのネット環境とコントローラー、画面を映し出す端末さえあれば他は何もいらないのです。
<WebやSNS、動画とゲームの連携がスムーズになる>
クラウドゲームはサーバー内にゲームデータがあり、サーバー内でゲームを動かしています。そのためダウンロードの必要がありません。これによってWeb閲覧、SNS閲覧、動画閲覧の流れから気軽にゲームをプレイできるようになるでしょう。
<サブスクリプション方式の加速化>
サブスクリプションとは定額制ビジネスモデルのことで、一定の期間に対して利用料を支払う形です。動画ストリーミング配信や音楽ストリーミング配信では、サブスクリプションが一般的なので、馴染みのある方も多いでしょう。5Gになってクラウドゲームが主流になれば、ゲーム分野でもサブスクリプション化が浸透していくと予想されます。
<eスポーツのイベント増加>
5Gが普及すればeスポーツがさらに普及することが予想されます。5G環境下では、eスポーツイベントが向上し、eスポーツの大会運営が比較的簡単になるでしょう。5Gでは多数同時接続が可能になり、通信が大幅に安定します。そのため通信トラブルによる中断が少なくなることが期待されます。”サムスンギャラクシータブレット

5G対応スマホの「Redmi Note 12 Pro Speed」とは? 0CMNTS

8月 17th, 2023

“スマホに5Gが導入されましたので、高画質動画をスムーズに観られるようになり、今後はさらに幅広い用途でいかされていくと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは初心者向けのエントリークラスから高性能なハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Redmi Note 12 Pro Speed」という5Gスマホがあり、限りなく肉眼で見た色合いに近いものを視聴できる高精細大型ディスプレイや処理が重くなりがちなゲームアプリでも問題なく操作できる高性能CPU、臨場感のある風景写真が撮れる高性能カメラや使用中の発熱を抑制することができる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約33000円でRAM8GB/256GBモデルが約39000円でRAM12GB/256GBモデルが約42000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約7.9ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約181gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ライトブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 778G 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(MIUI 14)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「iQOO 11 5G」とは? 0CMNTS

8月 15th, 2023

“5Gによって通信速度が早くなりましたので、大容量データのダウンロードやサイトのコンテンツが早く表示されるといったことが実感できるようにもなりました。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のエントリークラスから高価格なハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「iQOO 11 5G」という5Gスマホがあり、逆光や夜景など難易度の高い撮影も美しく仕上がる高性能カメラや超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPU、有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイやバッテリー残量を気にせずアプリやゲームが楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約117000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約191gといった小さい手の女性でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度WQHD+ 3200×1440でアスペクト比20:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応していますので、オンラインゲームでも滑らかな表示で快適に楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 8 Gen 2 SM8550-AB 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが16GB、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(Funtouch OS)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Blaze 5G」とは? 0CMNTS

8月 13th, 2023

“5Gスマートフォンでは1GB以上のアプリや動画なども10秒あればダウンロードすることができますし、オンライン会議ではタイムラグなしで大容量ファイルを共有することも可能です。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Blaze 5G」という5Gスマホがあり、テレビで見るような美しい音響と映像を味わえる高精細大型ディスプレイや少ないラグでオンラインゲームをプレイできる高性能CPU、高クオリティの写真が誰でも簡単に撮れる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約18000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約207gといったポケットにもおさまりやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーンとブルーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応していますので、インターネットやオンラインゲームなども滑らかな表示で思う存分楽しむことができます。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Note 11R」とは? 0CMNTS

8月 11th, 2023

“5Gを使用できる環境では高精細な映像でもタイムラグなしで楽しむことができますので、自宅にいても臨場感あふれる映像やライブ配信を体験することが可能です。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Note 11R」という5Gスマホがあり、複数アプリを立ち上げることが可能な高性能CPUや使用中の発熱を抑制することができる大容量バッテリー、写真や動画をきれいな映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや自然で綺麗なセルフィが撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/128GBモデルが約23000円でRAM6GB/128GBモデルが約27000円でRAM8GB/128GBモデルが約31000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約201gというサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.58インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを使用していますので安心して使用することができ、リフレッシュレートが90Hzに対応していますので快適に楽しむことができます。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(MIUI 13)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”サムスンギャラクシー折りたたみスマホ

今の時代だからこそ発生する子どものスマートフォントラブル事例 0CMNTS

8月 5th, 2023

“今では、SNSでもトレンドになっているスマートフォントラブルですが、最近では、幼稚園児、小学生でもスマートフォントラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので注意してください。今回は、そんなスマートフォントラブルの事例と、具体的な防ぎ方などを案内していきます。
まず、子どもに「SNSを使わせている」場合ですが、利用を継続するか真面目に考えたほうがよいです。というのも、子どものスマートフォントラブルの第一位はSNS関連だからです。近年になって騒がれるようになったものでは、「SNSを使った特定」があります。
具体的には、子どもが定期的にSNSを利用している場合、「いつ、どこで、なにをしたのか」が筒抜けになっている可能性があります。これによって住所が特定される、子どもや家族の誰かがストーキングされることもあるので注意してください。
もし、SNSについ最近のできごとを投稿する場合ですが、「目立つ建物を背景にする」形はさけたほうがよいでしょう。SNSを利用しての特定で特に多いパターンがこちらです。そのほかのケースでは、住所や個人名が明記されているものを撮影しないことも大事です。小さな文字でつぶれているような画像でも、大まかな住所を特定される、氏名を特定されるケースがあります。
そのほかのスマートフォントラブルでは、「著作権侵害」によるスマートフォントラブルがあります。
多くの子どもが一度はやってしまうトラブルとされているので、自身のアカウントで動画投稿などできる環境がある場合は、利用を禁止するか制限をかけたほうがよいでしょう。なぜ子どもが著作権侵害してしまうのか・・・というと、「ネットで仲良くなった人との交流で投稿してしまう」可能性があるからです。
有名なケースでは、人気漫画を無断で投稿するなどしてトラブルを起こしてしまうケースがあります。昔であれば、子どものやったことだから・・・で謝れば許されていました。しかし今では、このようなトラブルを起こしてから炎上、住所などが特定されるケースがあるわけです。
ひどいケースでは、他人にそそのかされて投稿してしまうケースもあり、最初から犯罪をさせるために色々なアドバイスをしてくるケースまであります。
「やってもバレないから・・・」、「友達同士で共有するだけだから・・・」というふうに、子どもがSNSに対して熱をあげるようになってきた際は、スマートフォンを取りあげたほうが賢明でしょう。そもそも、このような行為を繰り返されてしまうと著作権侵害により、著作権を持つ側が収入を得られなくなります。
すると、漫画家やアーティストが活動できなくなる事態になりますので、子どもがエンターテイメントなどが好きでアップロードしたい・・・といってくる場合は、こちらについてよく説明したほうがよいでしょう。
また、子どものセキュリティを高めたいという理由で、セキュリティ対策によいスマートフォンを探している場合ですが、「京セラ mamorino5」がオススメです。
京セラ mamorino5は、端末価格が「16,200円」と安いためキッズケータイを探している人にオススメできます。なにより京セラ mamorino5は、「セコムと連動した防犯ブザー付きのスマートフォン」です。子どもの場合、シンプルにネットのみ危険なのではなく、リアルで知らない人についていくケースは今の時代でもたびたび起きているので注意したほうがよいでしょう。
京セラ mamorino5は、「遠隔でマナー解除・着信自動応答の見守り機能搭載、防犯ブザーでセコムに通報」のような機能があります。オプション(見守りサービス)に加入する必要はありますが、こちらとスマートフォンのフィルタリング機能をオンにしておくことで、リアル・ネットの脅威から子どもを自動的に守ることが可能になります。
しかも、京セラ mamorino5は「ウェブサイト閲覧不可」というありがたい機能まで備わっています。子どもが幼稚園児、小学生のためインターネットの利用がわからない・・・、そんな人にも京セラ mamorino5をオススメできるのです。
京セラ mamorino5の詳細スペックですが、「画面サイズが約2.8インチ、バッテリー容量は1,200mAh、急速充電対応なし、パネル種類はTFT液晶、Bluetooth機能あり、ハイレゾ対応なし、本体重量は約105g、耐水・防水機能ありでIPX5,IPX8、おサイフケータイ機能なし」となります。
キッズケータイの補足となりますが、キッズケータイ以外の一般的なスマートフォンは見守りサービスなどが存在しません。キッズケータイより安いから・・・という理由で一般的なスマートフォンを与えてしまうと、京セラ mamorino5のように子どもを守ることができなくなるのです。”

10万円を切るハイスペックなスマホ「Apple iPhone13」 0CMNTS

2月 13th, 2023

“値段にふさわしい性能を持つスマートフォンを探している人には、「Apple iPhone13」がオススメです。
Apple iPhone13は、シンプルに「世界中で売れているシリーズのモデル」とされているため、コストパフォーマンスが高いスマートフォンよりもスペックが高いスマートフォンを探している人の場合、中々Apple iPhone13よりよいものは見つからない可能性があります。
実際にApple iPhone13は、「2021年9月24日発売」のiPhone13シリーズとされているのですが、2022年現在も人気のiPhoneの最新作として扱われています。
Apple iPhone13の特徴ですが、今までは地味な変化しかなかったiPhoneシリーズが、「従来よりも圧倒的なほどのパワフルなチップを採用」したことにより、ほかのスマートフォンよりも圧倒的な存在感を放つようになりました。しかも、Apple iPhone13はiPhoneシリーズでは欠点とされてきた、「バッテリー持ちも向上しているモデル」なのです。
Apple iPhone13の詳細スペックですが、「カラーがスターライト、ミッドナイト、レッド、ブルー、ピンク シルバー、グラファイト、ゴールド、シエラブルー」となっているため、現行モデルと比較してもApple iPhone13よりカラーリングのケースが多いモデルはほとんどありません。まれに5種類以上のカラーリングが用意されているモデルもありますが、「○○オンラインショップ限定カラー」となっているケースが多いため注意しないといけません。
Apple iPhone13のそのほかのスペックですが、「ROMは128GB、256GB、512GB、1TB、サイズは146.7×71.5×7.65mm、ディスプレイサイズは6.1インチ 2,532×1,170(HDR)」となっておりますので、高性能チップ、ストレージ容量が圧倒的によくなっていることを考えると、正直なところ、中々Apple iPhone13より性能がよいモデルを見つけるのは困難でしょう。
しかもApple iPhone13は、今まで欠点とされてきた「実際に手に持ってみると小さい」とされていた本体サイズについても改善されているため、手が大きい人でもApple iPhone13は操作しやすいスマートフォンです。
Apple iPhone13のそのほかの特徴ですが、「カメラ性能が12MP超広角カメラ、12MP望遠カメラ、5G対応モデル、Apple PayやSiriに対応、顔認証システム搭載、防水機能あり、バッテリー容量は不明(ビデオ再生
最大19時間ほど)」となっています。
ほかのiPhoneシリーズと同じで、性能が不明になっているところは不満点となりますが、それでも、バッテリー容量、CPUなどのチップ性能がおとっているわけではありません。
なによりApple iPhone13には、「フォトグラフスタイル、シネマティックモード」撮影モードが追加されています。これにより、デュアルカメラシステムや超広角カメラを使っての撮影が可能で、ユーザーはシステムの補正によってプロ並みの撮影が行えるのです。”`

いまだに売れ続けている2021年発売モデル「Sony Xperia Ace Ⅱ」 0CMNTS

2月 2nd, 2023

“コストパフォーマンスが高いスマートフォンよりも、性能重視でスマートフォン選びをしたい場合、「Sony Xperia Ace Ⅱ」をオススメすることができます。
というのもSony Xperia Ace Ⅱは、「2021年5月28日発売のモデル」なのですが、いまだに売れ続けているスマートフォンだからです。今では、5G対応モデルのスマートフォンが売れているという話をよく耳にするものですが、近年では、5G対応モデルのスマートフォンか・・・よりも、コストパフォーマンスが高いスマートフォンで、スペックについても信頼されているモデルの評価が上がってきました。
というのも、5G対応モデルのスマートフォンを購入したとしても、想定以上に5G対応エリアの拡充が行われていないため、5G対応モデルのスマートフォンはそれほどトレンド入りしていません。しかも今では、「半導体不足が懸念されている時代」なので、すでに多量で発売されているモデルで、価格についても安定しているSony Xperia Ace Ⅱなどの人気が高いのです。
このような状況になった背景としては、前述の半導体不足が懸念されているため新しいモデルが発売されても、すぐに「在庫切れになる可能性が髙い」からです。実際に、OPPOのスマートフォンなど中華スマホの人気は高く、かつコストパフォーマンスが高いスマートフォンとしても有名なため、人気モデル、カラーリングのモデルはすぐに在庫切れになってしまいました。
半導体不足が懸念されているのは今も変わらず・・・なので、ものによっては2ヶ月間経過しても在庫切れが解消されない状況です。そこでSony Xperia Ace Ⅱなど、少し古いモデルの人気が再燃するようになりました。
Sony Xperia Ace Ⅱはスペックもかなりよく詳細スペックを確認すると、「カラーがホワイト、ブラック、ブルー、RAMは4GB、ROMは64GB、サイズは140×69×8.9mm、ディスプレイサイズは5.5インチ HD+/TFT、カメラ性能はメイン:1,300万画素、インカメラ:800万画素」となります。特筆すべきポイントは、現代の格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルに近似したスペックで、5.5インチという扱いやすいサイズにシェイプアップされているところでしょう。
最新モデルでは、6~6.7インチのディスプレイサイズが増えており、女性の間では「大きすぎる、持ちづらい、片手操作が難しい」・・・など、スペック以外のところで不評なケースが相次いでいます。
しかもSony Xperia Ace Ⅱはスペックだけでなく、「防水機能あり、おサイフケータイ機能あり、バッテリー容量は4,500mAh、バッテリーの質そのものが高く3年間は劣化しにくい長寿命」という強みがあります。そのため、これからコストパフォーマンスが高いスマートフォンだけでなく、総合的に評価されているスマートフォンが欲しい場合は、Sony Xperia Ace Ⅱの購入を検討されたほうがよいでしょう。”Galaxy 最新スマホ

« Older Entries Newer Entries »