Subscribe!

5G対応スマホの「vivo S10」とは? 0CMNTS

10月 9th, 2021

“5Gは現行の4Gよりも高速大容量通信を実現させていますし、イライラするタイムラグをなくす低遅延も可能にしていますので、スマートフォンで様々なことを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「vivo S10」という5Gスマホがあり、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約48000円でRAM8GB/256GBモデルが約52000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約173gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオーロラ、ライム、ベルベットホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは4Wの急速充電に対応している4050mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1100 MT6891Z 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約4400万画素+超広角レンズがついた約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「vivo X60 Pro」とは? 0CMNTS

7月 15th, 2021

“4Gはスマートフォンやパソコンなどの通信システムで主に使われていますが、5Gになると様々なものをインターネットに繋げるlotを普及させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のものから高価格のものまでありますが、その中の一つに「vivo X60 Pro」という5Gスマホがあり、ゲームなど滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPU、長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約88000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約177gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.4の明るいレンズがついた約4800万画素+約200万画素+約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、ビューティーモード、光学式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 11.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「realme Narzo 30 Pro 5G」とは? 0CMNTS

5月 25th, 2021

“5Gはプライベートだけでなくビジネスシーンでも普及していますので、多くのビジネスチャンスも生み出しています。
その5Gに対応しているスマートフォンには日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme Narzo 30 Pro 5G」という5Gスマホがあり、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM4GB/64GBモデルが約25000円でRAM4GB/128GBモデルが約3万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約194gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.1の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、パノラマモード、光学式手ぶれ補正、HDR、レーザーオートフォーカスなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「vivo Y73s 5G」とは? 0CMNTS

5月 22nd, 2021

“5Gには高速かつ大容量で低遅延、同時多接続といった特徴がありますので、イライラしながら使っていた4Gスマホから5Gスマートフォンに乗り換える人も増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo Y73s 5G」という5Gスマホがあり、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPU、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約171gといった誰でも扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、顔認識、HDR 、歪み補正、ナイトビジョンモード、マクロ撮影、パノラマモード、ポートレートモード、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、スローモーションなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「OPPO A53」とは? 0CMNTS

3月 27th, 2021

“5Gは高速で大きなデータを送受信させることができますので、臨場感のある3D映像やストリーミング映像サービスも実現させることができます。
それに医療現場での遠隔手術や自動運転なども実現可能となります。その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「OPPO A53」という5Gスマホがあり、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや負荷の高い3Dゲームでもサクサク動く高性能CPU、どこでも見やすい高精細大型ディスプレイや美しい写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約21000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約175gという薄型軽量コンパクトボディになっており、パープル、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している4040mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、パノラマモード、ポートレートモード、スーパーナイトモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Color OS 7.2)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「vivo X60 Pro+」とは? 0CMNTS

3月 23rd, 2021

“5Gは今現在の4Gよりも約100倍速いスピードで映画などをダウンロードすることができますし、タイムラグを気にすることなく視聴や操作などを行うことができます。
そんな5Gに対応しているスマートフォンは海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo X60 Pro+」という5Gスマホがあり、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイやキレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラ、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格はRAM8GB/128GBモデルが約8万円でRAM12GB/256GBモデルが約97000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約190gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジとブルーの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.56インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは55Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+ポートレート撮影ができる約3200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやデュアルステレオスピーカー、イヤホンジャックなどがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「OPPO Reno4 Pro」とは? 0CMNTS

2月 26th, 2021

“5Gは遠距離への高速大容量通信も可能となりますので、大容量動画の安定した通信や医療ロボットの遠隔操作でも活躍できると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO Reno4 Pro」という5Gスマホがあり、白飛びを抑えて綺麗な写真が撮れる高性能カメラやストレスなく楽しめる高性能CPU、旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/128GBモデルが約59000円でRAM12GB/256GBモデルが約67000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約172gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはクリスタルレッド、クリスタルブルー、チタンホワイト、ドリームミラーブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正、HDR、ナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ColorOS 7.2)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「HUAWEI Mate 40 Pro」とは? 0CMNTS

2月 23rd, 2021

“5Gは優れた技術ですので物がインターネットと繋がるIotやスマートフォンなどで活用されています。
それに5Gは今までの通信システムでは不可能だったことを可能にすることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく世界各国で様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「HUAWEI Mate 40 Pro」という5Gスマホがあり、いつでもどこでも見やすい高精細大型ディスプレイや思う存分動画などを楽しめる大容量バッテリー、ストレスなく楽しめる高性能CPUや高性能トリプルアウトカメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約15万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約212gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、グリーン、イエロー、ホワイト、ブラックの5色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2772×1344でアスペクト比19.5:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電と50Wのワイヤレス充電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはHUAWEI Kirin 9000 3.13GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約2000万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、光学式手ぶれ補正、7倍光学ズーム、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、ポートレートモード、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや3D顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「OPPO Reno4 Pro」とは? 0CMNTS

11月 14th, 2020

“5Gの高速回線を利用することによって、インターネット上からの動画配信サービスや音楽配信サービスなどのコンテンツも快適に楽しむことができます。
それに5Gに対応しているスマートフォンならオンラインゲームでも低遅延で楽しめるようになります。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「OPPO Reno4 Pro」というハイスペックなアンドロイドスマートフォンがあり、動画などの映像も滑らかに再現する高精細大型ディスプレイや高負荷の3Dゲームでもサクサクと動作する高性能CPUなどを搭載して価格はRAM8GB/128GBモデルが約59000円でRAM12GB/256GBモデルが約67000円で「2020 Summer Custom Edition」が約67000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約172gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはクリスタルブルー、クリスタルレッド、チタンホワイト、ドリームミラーブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはパンチホール式を採用してF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ColorOS 7.2)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「Coolpad X10」とは? 0CMNTS

11月 8th, 2020

“様々な通信機器で利用される5Gはスマートフォンでも活用されています。
それに5Gスマホは高速大容量通信や低遅延、同時多接続といった特徴がありますので誰でもどこでもスマートフォンを快適に使用することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くのメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Coolpad X10」という5Gスマホがあり、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM4GB/128GBモデルが約22000円でRAM6GB/128GBモデルが約25000円という低価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約196gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度1080 x 2400px(フルHD+)でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはUNISOC T7510 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約2100万画素+深度レンズがついた約500万画素+約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、スーパーナイトモード、光学式手ぶれ補正、HDR、ポートレート撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Cool UI)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Tupe-Cになっています。”au

Filed under 未分類 and tagged with

« Older Entries