Subscribe!

SIMフリースマホのオススメメーカーは? 0CMNTS

2月 26th, 2022

“SIMフリースマホ選びで迷っているのであれば、「ASUS、oppo」を選ばれるとよいでしょう。
なぜこれらのスマートフォンメーカーがオススメなのかというと、それはコストパフォーマンスが高いスマートフォンを提供しているメーカーだからです。よくSIMフリースマホで勘違いされることが多いことに、「SIMフリースマホはすべて安い」というものがありますが、こちらは根拠がないので注意してください。
安いSIMフリースマホであれば0円のものは存在します。高いものであれば、SIMフリースマホであっても10万円ほどのものもありますので、SIMフリースマホはすべて安いというのは嘘なのです。
SIMフリースマホを宣伝しているホームページの中には、たくみにハイエンドモデルと呼ばれる最上位機種をオススメし、その際に高い料金がかかることを示唆するケースまであるため、SIMフリースマホは3万円前後のものを購入するのが無難でしょう。
では、SIMフリースマホで3万円前後のものはどこで購入できるのか・・・というと、それはスマートフォンメーカーを頼りにするのが最善です。そこで登場するのが、先ほどのASUS、oppoとなります。
これらのスマートフォンメーカーは、3万円を切る高性能なSIMフリースマホを多数提供しているため、安心してSIMフリースマホ選びを進められるでしょう。
各スマートフォンメーカーの特徴となりますが、ASUSは台湾に本社を構える世界的にも有名なパソコンメーカーとなりますので、最近になって安値でスマートフォンを製作している・・・といった怪しいメーカーではありません。パソコンパーツでもおなじみのメーカーで、パソコンをすでに使用されている人であれば、自然とASUSのSIMフリースマホを選ぶケースも少なくないでしょう。
しかもASUSは、「自作パソコン用のマザーボード、グラフィックボードといったパソコンパーツ」で、世界的なシェアを誇る一流企業なのです。つまり、SIMフリースマホを購入された際の「安かろう悪かろう問題」は起きづらいメーカーなので、あえてSIMフリースマホはASUSという人が増えてきました。
次にoppoですが、こちらは「中国の大手スマートフォンメーカー」として数年以上も前から、格安のSIMフリースマホを多数提供している実績があります。中華スマホというとHuaweiという人もおられますが、最近ではoppoという新しいスマートフォンメーカーも参入しているので、今では世界的に見てもミドルレンジモデルの過熱化が進んでいるのです。
oppoのSIMフリースマホの特徴は、「コストパフォーマンスが最高レベル」になっているところでしょう。そのため、今までは2万円台のSIMフリースマホが多かったのですが、oppoのSIMフリースマホが売れるにしたがって、2万円を切るSIMフリースマホが増えてきたのです。
ただし、ASUSとは違いoppoのSIMフリースマホは、人気が高すぎるため最新モデルや人気機種があっという間に売り切れてしまう・・・、このような意外な側面がありますので、どうしても欲しいモデルがオンラインショップにあった場合は、早めに購入したほうがよいでしょう。
oppoのSIMフリースマホの実績としては、2018年に日本で「R11s」を発売したことを皮切りにして、新しいSIMフリースマホの基準を生み出しました。
oppoもASUSと同じでスマートフォンのみに注力しているメーカーではありません。SIMフリースマホ以外では、「イヤホンやスマートウォッチなどのアクセサリー」も開発しているため、世界的に見ても有名な企業として知られています。
しかもoppoのSIMフリースマホは、「おサイフケータイ、eSIM対応モデル」となっておりますので、最新の機能が搭載されている便利なSIMフリースマホを購入したい・・・、そんな人にとっては他にはない魅力があるといえるでしょう。”

Filed under 未分類 and tagged with

スマートフォンを安く購入する方法!意外なテクニックが盛りだくさん 0CMNTS

2月 19th, 2022

“スマートフォンを安く購入することは可能?という疑問は、スマートフォンを所持しているユーザーであれば自然と考えてしまう疑問です。そこで今回は、実は安く購入することが可能なスマートフォンについて特集していきます。
スマートフォンを安く購入するうえで知っておきたいことは、「大手キャリアでも安くスマートフォンを購入することは可能」な事実でしょう。docomoなど大手キャリアの場合、割引が適用されるプログラムを選択するだけで、5000円以上の値引きがされるようになっています。
割引プログラムの補足となりますが、docomo以外のAU、Softbankでも同様のサービスは行っておりますので、キャリアを変更しないと利用できないわけではありません。
割引プログラムの前提についてですが、今では「5G対応スマートフォン」に乗り換える場合に割引プログラムが適用となる・・・ケースが増えてきました。今のところ、5G対応スマートフォンに乗り換えても5Gそのものの提供エリアが多くないので意味はない・・・ように感じるかもしれません。ですが、そのような事実があるからこそ大手キャリアは新規ユーザーを獲得したがっているのです。
つまり、これから5Gエリアが普及するにしたがって、5G対応スマートフォンの値引きというのは難しくなってきます。
そのほかの安く購入する方法ですが、「定期的にオンラインショップをのぞく」ことをオススメします。これは楽天モバイルなど、オンラインショップが充実しているキャリアで見られるのですが、オンラインショップでスマートフォンを購入されると、キャッシュバックキャンペーンが適用される仕組みになっているのです。
キャッシュバックキャンペーンということは、例えば3万円のスマートフォンを購入する場合に1万円キャッシュバックされるケースでは、実質2万円で購入していることになります。今では、国内や海外に関係なくミドルレンジモデルのスマートフォンが3万円以内で購入できることは珍しくありません。そのため、この価格帯でシェアの奪い合いが起きている事実もあるため、最新のミドルレンジモデルでさえも1万円のキャッシュバックキャンペーンが適用されるのです。
注意点として、人気のスマートフォンはすぐに売り切れてしまうことを覚えておいてください。人気のスマートフォンは売り切れてしまった後の再入荷に問題があります。
例えば、他のスマートフォンが1ヶ月以内で再入荷となっているケースでも、人気のスマートフォンのみ「いつ再入荷するのかわからない・・・」このような状況にあるのです。特に人気のカラーリングはあっという間に売り切れてしまうので注意したほうがよいでしょう。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「Black Shark 4S」とは? 0CMNTS

12月 23rd, 2021

“5Gによって高速大容量通信が可能になると、4Kや8Kといった超高画質動画も快適にダウンロードしたり視聴したりすることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの機種がありますが、その中の一つに「Black Shark 4S」という5Gスマホがあり、明るくて鮮やかな写真を撮ることが可能な高性能カメラや一日しっかり使える大容量バッテリー、サクサク動く高性能CPUやどこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約48000円でRAM12GB/128GBモデルが約53000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約210gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、プロフェッショナルモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(JOYUI 12.8)でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「HONOR Magic3 Pro+」とは? 0CMNTS

11月 28th, 2021

“5Gに対応しているスマートフォンはいつでもどこでも臨場感溢れるライブを楽しむことができますし、8Kなどの高精細動画なども気持ちよく視聴することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「HONOR Magic3 Pro+」という5Gスマホがあり、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能クアッドカメラやいつでもどこでも見やすい高精細大型ディスプレイ、長時間の使用でも安心して使用できる大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約20万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約236gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはセラミックホワイトとセラミックブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2772×1344でアスペクト比18.7:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電やワイヤレス充電、ワイヤレス給電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888+ 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは512GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+モノクロ撮影ができる約6400万画素+超広角レンズがついた約6400万画素+望遠レンズがついた約6400万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、スローモーション撮影、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや防水防塵(IP68)がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「ZTE Axon 30」とは? 0CMNTS

11月 20th, 2021

“5Gに対応しているスマートフォンが登場したことにより、高速大容量通信や低遅延が実現できなかった4Gスマホを使う人が減っています。
その人気を集めている5Gスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「ZTE Axon 30」という5Gスマホがあり、望遠でも暗所撮影でも美しい写真が撮れる高性能カメラやヘビーに使用しても1日余裕で持ってくれる大容量バッテリー、省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPUや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約38000円でRAM8GB/128GBモデルが約43000円でRAM8GB/256Bモデルが約48000円でRAM12GB/256Bモデルが約53000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約170ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ブラウン、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.9インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは55Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「vivo S10」とは? 0CMNTS

10月 9th, 2021

“5Gは現行の4Gよりも高速大容量通信を実現させていますし、イライラするタイムラグをなくす低遅延も可能にしていますので、スマートフォンで様々なことを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「vivo S10」という5Gスマホがあり、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約48000円でRAM8GB/256GBモデルが約52000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約173gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオーロラ、ライム、ベルベットホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは4Wの急速充電に対応している4050mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1100 MT6891Z 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約4400万画素+超広角レンズがついた約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「vivo X60 Pro」とは? 0CMNTS

7月 15th, 2021

“4Gはスマートフォンやパソコンなどの通信システムで主に使われていますが、5Gになると様々なものをインターネットに繋げるlotを普及させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のものから高価格のものまでありますが、その中の一つに「vivo X60 Pro」という5Gスマホがあり、ゲームなど滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPU、長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約88000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約177gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.4の明るいレンズがついた約4800万画素+約200万画素+約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、ビューティーモード、光学式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 11.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「realme Narzo 30 Pro 5G」とは? 0CMNTS

5月 25th, 2021

“5Gはプライベートだけでなくビジネスシーンでも普及していますので、多くのビジネスチャンスも生み出しています。
その5Gに対応しているスマートフォンには日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme Narzo 30 Pro 5G」という5Gスマホがあり、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM4GB/64GBモデルが約25000円でRAM4GB/128GBモデルが約3万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約194gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.1の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、パノラマモード、光学式手ぶれ補正、HDR、レーザーオートフォーカスなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「vivo Y73s 5G」とは? 0CMNTS

5月 22nd, 2021

“5Gには高速かつ大容量で低遅延、同時多接続といった特徴がありますので、イライラしながら使っていた4Gスマホから5Gスマートフォンに乗り換える人も増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo Y73s 5G」という5Gスマホがあり、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPU、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約171gといった誰でも扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、顔認識、HDR 、歪み補正、ナイトビジョンモード、マクロ撮影、パノラマモード、ポートレートモード、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、スローモーションなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

5G対応スマホの「OPPO A53」とは? 0CMNTS

3月 27th, 2021

“5Gは高速で大きなデータを送受信させることができますので、臨場感のある3D映像やストリーミング映像サービスも実現させることができます。
それに医療現場での遠隔手術や自動運転なども実現可能となります。その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「OPPO A53」という5Gスマホがあり、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや負荷の高い3Dゲームでもサクサク動く高性能CPU、どこでも見やすい高精細大型ディスプレイや美しい写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約21000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約175gという薄型軽量コンパクトボディになっており、パープル、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している4040mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、パノラマモード、ポートレートモード、スーパーナイトモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Color OS 7.2)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Filed under 未分類 and tagged with

« Older Entries